東京都の歴史について

東京都は明治以降になってから、付けられた地名で幕末以前は江戸と呼ばれていました。江戸と言う呼び名の歴史から辿ると、徳川家康が、江戸に移封されるまでは田舎で何も無い所でした。徳川家康によって街が造られ、江戸時代になると日本の中心都市として政治、経済の中枢となり、幕末までおよそ260年間に渡り江戸時代の中心舞台となってきました。しかし幕末から明治維新の時に転機が来るのですが、それは江戸幕府が無くなり朝廷(皇室)をどうするかと言う話しになり京都を政治の中心に移すと言う話しが出ました。しかし大久保利通が「京都は朝廷が無くなっても、文化や伝統が有るので繁栄は続くが江戸から政治を動かすと全てが無くなり江戸の機能が止まってしまい衰退してしまう。」と提言した事で天皇陛下が当時の東京城(現皇居)に入り、引き続き日本の中心として、機能する事になりました。それから現在に至るまで東京が政治、経済、文化の発信地として機能し続けています。